監視カメラを選ぶ際に注目したい点としては、監視カメラでどういった場所を監視するのかという点です。例えば電気のついていない倉庫などの暗い場所では、通常のカメラは撮影しても映像が真っ暗になってしまい意味がありません。ですから暗い場所で監視カメラを動かす場合には暗視カメラや赤外線カメラなど、暗い場所でもきちんと撮影できるようなカメラを選ぶようにしましょう。

また、監視カメラには常時動いているタイプもあれば遠隔操作が可能なタイプ、そして監視エリア内に人を感知した時だけ作動するタイプなど、さまざまな種類があります。遠隔操作ができるタイプはカメラの監視する場所や角度を遠隔操作でき、好きなタイミングで好きな場所を撮影する事ができます。常に作動させているタイプは監視という意味では安心できますが、一方で電気代がかかってしまうというデメリットもあるなど、それぞれにメリット・デメリットがありますのでどの種類を設置するかを決めるのも重要です。

監視カメラにはお店などでよく見る天井にぶら下がっているタイプから、隠しカメラとも呼ばれる2ミリほどのレンズ部分のみが表に出るピンホールレンズ、コードで録画機器と接続する必要のないワイヤレスタイプの監視カメラも存在します。監視カメラを選ぶ時にはどこに設置するのか、どういう機能が欲しいのかを考えてそれに見合った監視カメラを選びましょう。

Comments are closed.
2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ